アヴァンス法務事務所
任意整理って何?
任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、弁護士・司法書士などの専門家が代理人として債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続きです。

消費者金融の多くは、出資法(29.2%)に基づいて利息を取ります。
これらを利息制限法(15%〜20%)所定の金利に引き直して計算をします。
さらに、支払条件は、一般的に期間を3年を目安とし、利息も免除の方向で進み、一括払いや回数の少ない分割払いの場合は元本カットも可能な場合があります。
これまでの支払い期間が長い場合、払い過ぎている事もあるので過払金返還請求をし、お金を返還してもらえる場合もあります。

任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者はこの話し合いに応じる義務はありません。
また、債務者個人でかけあっても、相手にされないことも多々あるようです。
従って原則的に、弁護士・司法書士などの専門家が代理人として話し合いをすることになります。

任意整理の中でも消費者金融業者を相手にする場合、過払い利息の引きなおしが大きな割合となります。

利息制限法出資法という2つの法律で決められています。
利息制限法の上限は、年15%(元金が100万円以上の場合)ですが、これに違反しても罰則はありません。
出資法の上限は年29.2%と定められており、これに違反すると罰則が課せられます。
そのため、消費者金融会社のほとんどは、罰則の無い利息制限法を守らず、罰則のある出資法ぎりぎりの利息で貸付を行っているのです。

専門家に債務整理を依頼した場合、この差で借金の減額が可能になるのです。