アヴァンス法務事務所
特定調停の費用
個人再生の申立には、弁護士に依頼する場合は弁護士費用のほか、手続き費用、裁判所への予納金が必要となります。

手続き費用は、申立書へ貼る収入印紙代、郵便切手代などです。
収入印紙代は1万円です。
郵便切手代は、裁判所によって異なります。
裁判所への予納金は、官報公告や個人再生委員の報酬などにあてられる費用で、これも裁判所により異なります。
目安は約20万円です。

個人再生手続きは、他の債務整理に比べて一番費用がかかります。
くわえて、債務整理手続きの中で最も難しいため、通常、手続きは弁護士・司法書士に依頼することになります。
報酬は事務所ごとに違いますが、弁護士の場合は30万円〜60万円、司法書士の場合は20万円〜30万円程度かかります。

弁護士費用は一括払いが原則ですが、個人再生を依頼する人は弁護士費用を一括で支払えない場合が多いため、多くの弁護士事務所が分割払いに応じています。
個人再生を弁護士や司法書士に依頼する場合、前もって料金と支払い方法を問い合わせておきましょう。